2008年11月25日

キーボード購入を検討中

パソコン用のキーボードについては、デイトレード用ルームとスイングトレード用のルームに各1つずつ設置している。スイング用については今年2月に購入したものであるが(投資日記ステーションの記事参照)、デイトレ用についてはもう7年くらい使っている。スイング用は専用だが、デイトレ用は4台のデスクトップ機の兼用で、USB切替機(手動式)を経由している。

使い勝手については全くこだわりがなく、唯一重視しているのは設置場所の制約に伴うサイズであった。これをクリアして今年購入したスイング用のキーボードは予想以上に使い勝手が気に入って、先日予備に同じものを格安で購入した。

そこでふと、これをデイトレ用にも使えないかと思って連休中にテストしてみたのだが、これが使いづらいという予想外の結果になった。このキーボードはノートPCに使われているパンタグラフ式であるが、デイトレ用のは一般的なメンブレン式で、使用時の姿勢の差などから使い勝手が大きく異なっていると思われる。

ただデイトレ用もかつて設置場所の制約から同様にテンキー付のコンパクトタイプを使っているが、現在は再配置でスペースに余裕があるのと、コンパクトサイズゆえの押し間違いが悩みの種だったので、これを機にフルサイズのキーボード購入しようという結論に達した。そしてどうせなら本格的にメカニカル式にしてみることにした。

そこで連休中にネットであれこれ調べていたのだが、評価などを見ているとどうしても高級品に目が向いてしまい、通常1千円程度と考えていたものが5千円から1万円程度にまで予算金額がアップしてきてしまった。そこまで本格的に使うわけでもないのだが、下のFILCO製を中心に何とか数機種まで絞り込んだのでもう少し検討してみるつもり。



posted by 徳山秀樹 at 19:45 | TrackBack(0) | 周辺機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。